2012年09月27日

ホール5団体 総付景品新ガイドライン決まる 来店ポイント規定 1ポイント20円以下に

1 ホール5団体 総付景品新ガイドライン決まる 来店ポイント規定 1ポイント20円以下に

ホール5団体は14日、第一ホテル東京で開催した代表者記者会見で、ホール5団体で協議してきた『総付景品(※)等の提供に関するガイドライン』(新ガイドライン)を発表した。新ガイドラインは10月1日から施行される。


今回公表された『総付景品等の提供に関するガイドライン』(新ガイドライン)は、昨年11月に施行された旧ガイドラインをベースに、来店ポイントの扱いを定めたものだ。
新ガイドラインによると、来店ポイントは毎日付与することができるものとした。ただし、同一日に付与できるのは1ポイント。1ポイント当たりの金額は20円以下に限った。ホールは、この20円以下の範囲内で金額を自由に設定できる。
累積ポイントと交換する景品の価額は1万円以下、一般に流通している物品(現金及び有価証券を除く)と規定。物品ではないネイルアートやマッサージなどのサービスは提供できないことになる。
このほか、総付景品などの価額は旧ガイドライン同様200円以下とし、同一日に総付景品等と合わせてポイントを付与する場合は、合算した額を200円以下にすることと定めた。


新ガイドラインでは、来店ポイントを提供する際の対応措置や禁止行為についてもまとめた。
対応措置では、ポイント累積を記録するカードなどの証票等について、所有者の氏名を記載するなど、第三者への売却、第三者の使用を防ぐための措置を講じることを要望。
禁止行為としては、同一の営業者が複数のホールを経営する場合、それぞれのホールの来店ポイントを合算すること、ポイントや景品を含む総付景品等を提供する際に、射幸心をそそる広告、宣伝等を行うことを挙げた。


今回のガイドライン改定は、「ぱちんこ営業において客に付与されるポイントの取扱いについて」という今年4月の通達を受けたもの。
全日遊連は7月の理事会でガイドライン改定を決議し、ホール5団体で協議した内容をもとに来店ポイントを総付景品の一形態と規定するなどの改定案をまとめていた。新ガイドラインは、この改定案をもとにホール5団体で再度協議、修正が加えられたもので、9月4日のホール5団体代表会議で同意に至った。
新ガイドラインは10月1日より施行される。
※ ?景品表示法では、総付景品を商品・サービスの利用者や来店者に対してもれなく提供する金品等と定めている

[写真=ホール5団体の代表者が会見に臨んだ]

〔週刊アミューズメントジャパン9/24号に掲載〕



2 ABC 24時間TVに協力 来店客募金額1141万円に
静岡県や山梨県を中心にホールを展開するABC(本社/静岡市駿河区)は5日、「24時間テレビ35 愛は地球を救う」の自主募金活動・協力キャンペーンを行い、来店客から寄せられた募金額が1141万366円になったと同社ホームページで報告した。
募金活動は、8月1日から26日までの26日間、39店舗で実施。集まった募金は福祉車両をはじめ全国の福祉施設や団体への寄贈、海外援助や国内災害緊急援助などに活用される。
同社では、「愛は地球を救う」に賛同し、1994年から毎年、募金活動を行っており、今回で19回目。これまで来店客から寄せられた募金額の合計は1億339万円となった。
[写真=岐阜県遊協 パチンコの楽しみを 老人介護施設利用者に笑顔]

〔週刊アミューズメントジャパン9/24号に掲載〕



3 岐阜県遊協 パチンコの楽しみを 老人介護施設利用者に笑顔

岐阜県遊技業協同組合と岐阜社会福祉事業協力会は8月31日、岐阜市の特別養護老人ホーム『大洞岐協苑』で、施設の入居者にパチンコで1日遊んでもらうイベントを開催した。
このイベントは、両団体が2008年より「いきがい支援活動」の一環として岐阜県内の老人介護施設で開催してきたもの。
当日はグループホーム、デイサービスセンターなどの利用者らを含む約120人が参加。
5台のパチンコを思い思いに楽しんだ。
[写真=施設スタッフは「普段はあまり感情を表さない利用者が笑ったので驚いた」という]

〔週刊アミューズメントジャパン9/24号に掲載〕




4 ジャパンニューアルファグループ 厚木市の防災訓練に協力

9月2日に神奈川県厚木市の市役所職員による防災訓練が実施された。訓練内容は、東海地震の発生を想定したもの。災害対策本部訓練、情報伝達訓練、避難訓練、医療救護訓練など約20項目に及ぶ様々な訓練が行われた。
今回の訓練では、今年2月に厚木市と災害協定を締結したジャパンニューアルファグループ(本社/神奈川県厚木市)のパチンコホール『ティアレ』がエイドステーション設置訓練に協力。店舗から徒歩10分の場所にある小田急線愛甲石田駅において約60人の帰宅困難者が発生したという設定で、『ティアレ』の駐車場にエイドステーションを設置。帰宅困難者への給水活動などの準備を行った。
[写真=『ジャパンニューアルファティアレ』の駐車場でエイドステーションの店と設置などの訓練が行われた]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン9/24号に掲載〕



posted by マッスルタイム at 12:09| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

グローリーナスカ:新本社でカードユニット発表

◇グローリーナスカ:新本社でカードユニット発表
18日に東京スカイツリーに隣接するスカイツリーイーストタワーに本社を移転したグローリーナスカが25日、新・東京ショールームの内覧会と新製品発表会を行った。発表された『G8 EXSIM(エクシム)』は、ノズルレスタイプでLCDタッチパネルを搭載。1枚のカードで持ち玉と複数レートの収納が可能になったほか、PAPIMO機能としてケータイでの貯玉。再プレイに対応。PAPIMO-NETや遊技台情報、大当たり情報サービスなど各種WEBサービスも提供する。

◇DAXEL:パチスロ第3弾は稼働貢献型ART機
25日、都内で『BASTARD!!―暗黒の破壊神―』のプレス発表会を開催。「パチスロ市場を席巻するだけの仕上がりと自負している」(栢森秀行会長)。単行本総売上げ3000万部という大作ファンタジー漫画とのタイアップ。設定1のMYは2000枚とトップクラス。ART突入もゲーム数テーブル方式&レア小役抽選に加え、32G周期の抽選システムを採用した。導入予定日は11月上旬。

◇高尾:セクシー演出に注目
高尾は25日、『CRクイーンズブレイド』のプレス発表会を開催。19人の美闘士がバトルを繰り広げるセクシーアニメとのタイアップ機。大当たり確率1/383、ST150回のMAXタイプと同1/287、ST34回のミドルタイプをラインナップ。発表会にはキャラクターの衣装に身を包んだクイーンズブレイドガールが登場し、撮影会が行われた。
posted by マッスルタイム at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

花の慶次〜天に愛されし漢〜

ニューギン:慶次シリーズ待望のパチスロ
ニューギンは21日、戦国パチスロ『花の慶次〜天に愛されし漢〜』のプレス発表会を開催。毎ゲーム3桁ゲーム数を上乗せする「天武の極」を搭載。1ゲーム当たりの上乗せは最大300Gで、ループ率は75%。ART「修羅の刻」は純増1.7枚、1セット40G+α。ホール導入は11月5日を予定。なお、パチンコの『花の慶次』最新作の導入は12月初旬を予定しているという。
posted by マッスルタイム at 10:57| Comment(1) | TrackBack(0) | スロット最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

限りなくデラックスな『海』

◇三洋物産:限りなくデラックスな『海』
18日、都内で『CRデラックス海物語』特別先行展示会を開催。透明盤面を採用し、アクアリウムのような世界観を実現。一発告知は発光しながら落下するデラックスフラッシュに進化。確変終了を救済するキャラとしてクジラッキー役物が出現すれば、クジラッキーボーナスで確変継続。大当たり確率約1/319と同約1/368の2スペック。ホール導入は11月5日の予定。

◇藤商事:人気メンバーが集結
18日、都内で『CR元祖ハロー ! プロジェクト』プレス発表会を開催。本機をプロデュースしたつんく♂さんをはじめ、吉澤ひとみさんらメンバー6人がトークショーを行った。「ホール様にもよくぞ作った、さすがやなと言っていただける出来」(藤商事の松元正夫副社長)。大当たり確率1/306と1/258の2スペック。ホール導入は10月下旬の予定。
posted by マッスルタイム at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

マルハンの韓昌祐会長、永宗島に1兆ウォン投資へ

マルハンの韓昌祐会長、永宗島に1兆ウォン投資へ

「パチンコ皇帝」として有名な日本マルハンの韓昌祐(ハン・チャンウ)会長(81)が初めて、韓国への大規模投資を
行うことを決めた。韓会長は日本内の韓商らと共に、仁川(インチョン)国際空港周辺の永宗島(ヨンジョンド)の埋立
地に、世界の韓国系企業のための「韓商ビジネスセンター」やスポーツ施設、ホテル、物流団地、生態公園などを造
成する複合開発事業に関する提案書(俯瞰図)を最近、韓国政府に提出した。

●韓商ら、「母国に1兆ウォンを投資」

17日、韓国の国土海洋部(国土部)によると、韓会長は取締役会会長を引き受けている世界韓人商工人総連合会
所属の海外企業家たちが出資した「世界韓商ドリームアイランド」が今月7日、07年に港湾再開発区域に指定された
仁川永宗島の浚渫土投棄場に、総合ビジネス観光レジャー団地を造成する内容の事業提案書を提出した。

ドリームアイランドは、提案書が通れば、永宗橋下の埋立地315万平方メートルの土地に、18年までに、計1兆1180
億ウォンを投資し、開発事業を行う計画だ。

ドリームアイランドとは、同事業を進めるために設立した会社であり、出資金104億ウォンのうち、マルハンが持分の
62%を持っており、残りは日本内韓国系企業10数社が投資している。ドリームアイルランドの関係者は、「韓会長の
主導の下、日本の韓国人企業家らが、ここに韓商の集結地を造成することを決めた」とし、「仁川空港から近く、永宗
島を投資先に決めたのだ」と明らかにした。

韓会長は、裸一貫で日本に渡り、日本財界順位17位の巨大なパチンコ企業を立ち上げた人物だ。事故で他界した
長男の名前から取った「ハンチョル文化財団」、自分と妻の名前から取った「韓昌祐・ナカコ教育文化財団」などを設
立し、韓国で寄付・奨学事業を行ってきたが、韓国への大規模投資を行うのは、今回が初めて。韓会長は昨年、メデ
ィアとのインタビューで、「全財産を、韓日両国のために使う」と明らかにした経緯がある。

以下略
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=020000&biid=2012091896668
posted by マッスルタイム at 10:02| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。