2011年07月31日

韓国が「パチンコ」を全廃したの?


面白い記事発見→韓国が「パチンコ」を全廃したの?

・当時の韓明淑(ハン・ミンスク)首相は「射幸性の高いゲーム機が全国に拡大して、庶民の生活と経済に深刻な被害をもたらしたことを深くお詫びする」という主旨の談話を発表しています。

・「国がメダルチギを全廃してくれて、本当に助かった」と告白してくれました。

・彼がパチンコにハマッたきっかけは、たまたま友人に誘われて入ったパチンコ店で、5万円ばかり勝ってしまったことだったようです。

・孤独を抱えた人が多いのです。現実の生活でどうにもならない焦燥感や孤独感が、大当たりを引き当てた瞬間だけホッとして、救われたような気持ちになる。

・知人の精神科医でパチンコ依存症の治療に取り組んでいる方もいらっしゃいますが、まだ全国的な動きにはなっていません。

・「長年日本に住んでいるけど、堂々と店内で一万円札が飛び交っているパチンコが、ギャンブルではなく娯楽だという理屈が全く理解できない」

・韓国でも、パチンコ店は駅前などの一等地や、交通の便がよい場所にありますから、店主たちは早々に別の業種に衣替えをして、仕事に邁進しているのです。

なんかね・・・読んでて胸が苦しくなったよ。+.。゚:;。+゚(ノд・。)゚+。::゚。:.゚。+。

posted by マッスルタイム at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217705055

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。