2013年03月09日

メトロ駅員が運賃20万円着服

東京メトロは8日、日比谷線六本木駅の駅員(24)が券売機内の現金など運賃
計約20万円を着服していたと発表した。解雇を含めた懲戒処分を検討する。
駅員は「パチンコで遊ぶ金が欲しかった」と話しているという。

 東京メトロによると、昨年1月〜今年2月、勤務していた恵比寿駅と六本木駅で、
改札で乗客から受け取った乗り越し運賃を繰り返し着服していたほか、券売機から
1万円札を2回抜き取った。

 この駅員が2月、同僚の財布から約8万円を盗んだことがきっかけで着服が発覚した。(共同)

 [2013年3月8日23時28分]

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130308-1095030.html
posted by マッスルタイム at 12:55| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
24才かぁ…

なんてバカな事を…

東京メトロという立派な会社に勤めいていながら…

もう同じ交通機関でもタクシーしかないな…

東京日交は無理かもしれんけど…
Posted by 紫電改 at 2013年03月09日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。