2012年07月29日

警察庁 広告・宣伝で新たな指導 適正化「直ちに」 隠語、脱法的表現は規制逃れ

1 警察庁 広告・宣伝で新たな指導 適正化「直ちに」 隠語、脱法的表現は規制逃れ
警察庁生活安全局保安課は20日、「ぱちんこ営業における広告、宣伝等の適正化の徹底について(通知)」と題した文書を出した。同日、玉川達也課長補佐がホール5団体と日工組、日電協に対して説明を行った。通知では昨年6月の通知以降、依然として隠語や脱法的表現の広告、宣伝が見られることを厳しく指摘。新しい通知内容に沿って「直ちに」適正化の徹底を求めた。

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/30号に掲載〕

2 日遊協 来店ポイントの規定 5団体案で大筋合意
日遊協は19日に開催した理事会後の記者会見で、総付景品等の提供に関するガイドライン改正案を大筋で了承したと報告した。
これは、今年4月に通達があった「ぱちんこ営業において客に付与されるポイントの取扱いについて」という通達を受けホール5団体で協議してきたもの。18日には全日遊連の全国理事会でも決議された。全日遊連の理事会後の記者会見で明らかになった、今回のガイドラインの概要は以下の通り。
■来店ポイントは、湯茶、ポケットティッシュ、うちわ、マスク、単体の飴玉と同様、例外的に毎日提供できるものに含める。
■来店ポイントの換算価値は1ポイントの上限が20円。
■1日1ポイントまでで、ポイントの有効期限などはホールが任意で設定することができる。
■交換可能な景品の上限価格は1万円で、物品などに限る。
このガイドラインは、今後、他団体で決議されたのち5団体として正式決定となる見通し。

〔週刊アミューズメントジャパン7/30号に掲載〕

3 全日本社会貢献団体機構 社会貢献大賞に都遊協 被災地の支援活動で

全日本社会貢献団体機構(堀田力会長・青松英和理事長)は19日、東京都港区の第一ホテル東京で第7回社会貢献大賞表彰式を開催した。
全日遊連傘下の27都府県方面遊協から73件の申請があり、その中から東京都遊協の「石巻湊地区ボランティア隊派遣」事業が社会貢献大賞に選ばれた。同事業は、ホール従業員有志によるボランティア隊、延べ31隊を被災した石巻湊地区に派遣し、がれき除去や泥土除去などを行ったほか、軽トラックや高圧洗浄機、一輪車等の作業用物資を贈るなどの復旧支援事業。

[写真=左から濱田豊和 都遊協青年部会長、堀田力 全日本社会貢献団体機構会長、阿部恭久 都遊協理事長]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/30号に掲載〕


4 諏訪東京理科大 篠原教授 パチスロコンセプト機で脳波測定 目押しゲームに脳トレ効果

脳科学者の篠原菊紀諏訪東京理科大学教授がパチスロの目押しトレーニングが脳に与える影響について実験を行った結果、前頭葉の動きが活発化し、脳トレーニングに効果的という結果が示された。実験結果は、8月4日に開催される「パチスロ元気祭り」のパネルディスカッションでも発表される予定だ。

[写真=目押しトレーニングでは前頭葉の活性化が見られた]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/30号に掲載〕


5 パチンコ依存問題解決に向け特別委員会を設立

日本遊技関連事業協会は19日に開催した記者会見で、パチンコのめり込み問題に取り組む特別委員会の設立を報告した。
のめり込み問題は、過度に射幸性を追求した営業、遊技機の不正改造とともにかねてから行政が挙げていた課題のひとつ。日遊協では、のめり込み防止を訴える台間ステッカーを作成し、日遊協会員に配布する。ポスターや小冊子なども作成する予定だという。

[写真=のめり込み防止を訴える台間ステッカー]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/30号に掲載〕


6 ダイナムジャパンホールディングス 8月6日に香港で上場
かねてより香港証券取引所への上場手続きを進めていたダイナムジャパンホールディングスが、新規株式公開の応募受付を行うと複数のメディアが報じた。それによると、当初の予定ではIPO実施期間は24日から27日までで上場予定は8月3日としていたが、台風の影響で株式購入申し込み書などが24日朝までに一般投資家に届けられなかったため、上場は8月6日に延期されたという。なお、同社ではこの株式公開によって約158億から180億円の調達を見込むとしている。


〔週刊アミューズメントジャパン7/30号に掲載〕
posted by マッスルタイム at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

広告規制

別添1
・「甘釘」
・「特選台」
・「天国調整」
・「モーニングサービス」
・「イブニングサービス」
・「赤字覚悟の熱血週間」
・「○つの誓い」、「○つの約束」、「○つの宣言」、「○つの力」等
※ ○は大当たりを象徴する数字(「7」等)又はこれを含む数字(「17」等)
・「○○○の日」、「○○○の月」、「○○○月間」、「○○○の年」、「○○○周年」
※ ○○○は営業所の名称、地名、記念的行事、特定の機種の名称等
・「○○○営業」
※ ○○○は平常の営業でないことを示唆する文言(「元気」、「全開」等)
・「徹底強化」
・「別格」
・「○○○.DAS(注:どっと出す)」、「○○○.DEL(注:どっと出る)」等
※ ○○○は営業所の名称又は特定の機種の名称

別添2
・「○○日には特選スイーツ限定提供」※ ○○はぞろ目の数字又は大当たりを象徴する数字若しくはこれらを含む数字
・「リニューアルオープンから○日目」、「グランドオープンから○日目」、「新装開店から○日目」等
・「○日・○日・○日は混雑予想日」
・「○○○○を大事にします。」、「○○○○を重視します。」
※○○○○は特定の機種の名称又は特定の日
・「○○○○には特に愛を込めて徹底清掃しました。」
※ ○○○○は特定の機種の名称又は特定の日
・特定の機種について若しくはぞろ目の日等の特定日においてライターその他の者が取材等を行う旨、又は営業所の名称、地名、記念的行事若しくは特定の機種の名称等を冠し、若しくは特定の機種の題材となっている者が来店する旨の表示

別添3
・「○月○日パチンココーナー従業員一同「揃って」お待ちしております。」
・「○○○○は、ガバッ!!」
※ ○○○○は特定の機種の名称又は特定の日
・「○○○○、大開!!」
※ ○○○○は特定の機種の名称又は特定の日


別添4
・「○大量投入」
※ ○は設定を示す数字
・「ROCK」、「LOCK」
・「朝一高確率スタート」
・「○つの誓い」、「○つの約束」、「○つの宣言」、「○つの力」等※ ○は設定を示す数字(「6」等)又はこれを含む数字(「16」等)
・「○○○の日」、「○○○の月」、「○○○月間」、「○○○の年」、「○○○周年」
※ ○○○は営業所の名称、地名、記念的行事、特定の機種の名称等
・高設定における大当たり確率のみを強調した表示
・「本日も「金」メダル」
・「○○○.DAS」、「○○○.DEL」等※ 
○○○は営業所の名称又は特定の機種の名称

別添5
・「○○日には特選スイーツ限定提供」
※ ○○はぞろ目の数字又は大当たりを象徴する数字若しくはこれらを含む数字
・「リニューアルオープンから○日目」、「グランドオープンから○日目」、「新装開店から○日目」等
・「○日・○日・○日は混雑予想日」
・「○○○○を大事にします。」、「○○○○を重視します。」
※ ○○○○は特定の機種の名称又は特定の日
・「○○○○には特に愛を込めて徹底清掃しました。」
※ ○○○○は特定の機種の名称又は特定の日
・特定の機種について若しくはぞろ目の日等の特定日においてライターその他の者が取材等を行う旨、又は営業所の名称、地名、記念的行事若しくは特定の機種の名称等を冠し、若しくは特定の機種の題材となっている者が来店する旨の表示

別添6
・大当たり時に発生する光、音等が当該営業所における遊技において頻繁に発生することを示す表示
・「○月○日パチスロコーナー従業員一同「揃って」お待ちしております。」


別添7
賞品買取所の所在地及び賞品買取所における特定の賞品の買取価格等を直接的又は間接的にうかがわせる数字、文字、記号、イラスト等(ぱちんこ営業の客一般に賞品買取所における特定の賞品の買取価格等をうかがわせるものとして通用する隠語又はこれに類する表現を含む。)の表示であって、具体的には次のようなものを含む。
・「○円交換」
・「等価交換」
・「高価交換」
・「完全交換」
・「闘火」
・「好感度MAX」

別添8
・出玉ランキング表等にそれぞれの出玉に応じた賞品買取所における買取価格等を併記した表示


別添9
・「大放出○万枚」
・「万枚オーバー」
・玉箱を重ねるなど著しく多くの遊技球等を獲得した状況を示す表示
・実際に獲得されたものではない遊技球等を収めた玉箱を客室エントランス部等に強調して積み上げる表示
・獲得された遊技球等を実際以上に見せ掛ける表示
・特定の日、週、月等(以下「特定日等」という。)に客が獲得する遊技球等の数量について、当該営業所における過去の記録若しくは他の営業所の記録と競い、若しくは何らかの誓約若しくは目標を掲げるような催物を実施し、又はこれに参加していることを示す表示(当該催物の主催者が当該ぱちんこ営業者以外の第三者である場合を含む。)
・特定日等における大当たり確率の設定変更が可能な遊技機の設定状況について、当該営業所における過去の遊技機の設定状況若しくは他の営業所における遊技機の設定状況と競い、若しくは何らかの誓約若しくは目標を掲げるような催物を実施し、又はこれに参加していることを示す表示(当該催物の主催者が当該ぱちんこ営業者以外の第三者である場合を含む。)

別添10
・「大特価賞品」
・「無料引換券」
・「50%off景品チケット」
・特別に無料で遊技球等の提供を受けることができることを示す表示
・遊技に伴って洗車、自転車修理、空気入れ等の役務の提供を受けることができることを示す表示
・「△△駅から徒歩で○秒、○歩、ダッシュで○秒」
※ ○は賞品の獲得に要する遊技球等の数量
・1万円を超える賞品の提供が受けられることを示す表示
・遊技に伴ってポイント等を付与し、当該ポイント等の蓄積数に応じて景品の提供(ポイントの提供者、ポイントの蓄積に応じた景品の提供者ともに、ぱちんこ営業者に限られない。)が受けられることを示す表示

別添11
・ハンドル固定を助長するような表示
・目押しサービスを受けられることをうかがわせる表示


当然ですわw
というか元から言われてたこと。
それを事実だから大丈夫と安易に考え行動した結果がこれです。

さらに締め付けが酷くなるような気がします。
posted by マッスルタイム at 14:17| Comment(3) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全日遊連、来店ポイントのガイドライン決議

◇全日遊連:来店ポイントのガイドライン決議
全日遊連は18日の全国理事会で、総付景品等の提供に関するガイドラインの改正を決議した。今回決議された成案では、来店ポイントを総付景品の一形態と規定。湯茶、ポケットティッシュ、うちわ、マスク、単体の飴玉と同様、例外的に毎日提供できるものに含めるとしている。ポイントの換算価値は1ポイントの上限が20円。1日1ポイントまでで、ポイントの有効期限などはホールが任意で設定することができる。

◇情熱リーグ:ベラジオ本店が優勝
18日、第3回「ぱちんこ情熱リーグ」決勝大会が東京・メルパルクホールで開催された。ステージに上がったのは、参加312店の中から合計4回の覆面モニター調査の得点によって絞り込まれた上位6店舗。各店が店舗活動VTRとプレゼンテーションを行い、来場者投票によって、『ベラジオ本店』(大阪府)が優勝した。

◇大都技研:パチスロ新機種と『CR吉宗2』新スペック
大都技研がパチスロ『クレアの秘宝伝〜はじまりの扉と太陽の石』を発売。ノーマルタイプでBBの純増枚数は約311枚。パチンコ『CR吉宗2』の甘デジ『SWEET Ver. 』とライトミドル『Light Ver. 』もリリース。いずれもSTと時短がセットでループする。
posted by マッスルタイム at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

『パチンコ店』解体中建物から男性遺体 一部ミイラ化

 21日午前9時20分ごろ、水戸市千波町の解体工事中の建物内で、男性作業員(25)が
一部ミイラ化した男性の遺体を発見した。水戸署が身元や死因を調べる。

 水戸署によると、遺体は30〜70歳くらいで身長165センチほど。青い上下のスエット姿で、目立った外傷はなかった。

 建物は平成21年10月ごろまでパチンコ店として使われ、閉店後は空き家だったという。
遺体は当時の休憩室とみられる部屋で、床に敷かれた布団の中から見つかった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120721/crm12072113270007-n1.htm
posted by マッスルタイム at 14:32| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

朝日新聞が報道「パチンコ店大手 上場へ」ダイナムJHDが香港で

1 朝日新聞が報道「パチンコ店大手 上場へ」
朝日新聞が7月7日付の夕刊1面トップで、「ダイナムジャパンホールディングスが香港証券取引所に上場する方針を固めた」と報じた。海外市場とはいえ上場が実現すればホール経営企業では初めてとなる。香港市場への上場にはどんな意味があるのか。市場関係者らに聞いた。

ダイナムジャパンホールディングス(以下、ダイナムJHD)は昨年9月に設立。株式会社ダイナムを含むパチンコホール事業4社と株式会社ダイナム土地建物など関連5社を傘下にした持ち株会社だ。事業目的は「コアビジネスの強化とさらなる事業拡大」。資本金は50億円。代表者は代表執行役社長の佐藤洋治氏。朝日新聞の報道によれば、香港市場への上場による資金調達額は200数十億円になるという。
ダイナムJHDは香港市場への上場について「一切コメントできない」としている。証券市場関係者によれば、IPOの主幹事会社は香港系の申銀万国証券と米国系の香港証券会社で、8月2日に上場される見込みだという。
日本ではホール企業の株式上場は事実上門戸を閉ざされている。ダイナムJHDが香港市場に上場すれば、ホール企業では国内外を問わず初めての上場となり、新たな資金調達への道が開ける。

[写真=朝日新聞 7月7日夕刊]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/16号に掲載〕


--------------------------------------------------------------------------------
2 ニラク 増収増益 12年3月期決算
福島を中心に東北や関東でホールを展開するニラク(本社/福島県郡山市)は6月22日、2012年度3月期決算を同社ホームページで発表。売上高は2256億9153万9千円(前期比107.6%)、営業利益は61億2411万2千円(同122.9%)、経常利益は56億8425万7千円(同121.1%)だった。また今期は保険金収入を計上したことなどから、当期純利益は30億5395万1千円(同183.9%)になった。

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/16号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
3 千葉・君津組合 養護老人ホームに車両寄贈
千葉・君津遊技業組合は10日、市内の社会福祉法人志真会『特別養護老人ホームつばさ』にヤクルト福祉車両1台を寄贈した。
千葉県遊技業協同組合では、これまで指定商社の協賛を受けた各種イベントの売上金の一部を活用し、傘下組合が行う福祉活動を支援してきた。福祉車両寄贈もその一環で、今年は君津遊技業組合と浦安遊技業組合が寄贈元に選ばれた。

[写真=(左から)大城理事長、天笠理事長、安藤組合長と(後ろ)寄贈車両]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/16号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
4 都遊協 若手経営者が勉強会 サマーフォーラム開催
東京都遊技業協同組合(阿部恭久理事長)の機械対策委員会と青年部会は7月5日、東京港区のヤクルトホールで「サマーフォーラム2012」を開催した。このフォーラムは若手経営者などが法令やパチンコ業界の将来像などについて学ぶもの。今回は(株)ジーティーネットが最新の不正解説と対策について講演したほか、弁護士の三堀清氏が風営法の基礎知識と、ホール営業に対する規制の動向について解説した。
早稲田大学理工学術院の大野高裕教授が都遊協青年部会と合同でおこなっているGPJ(元気パチンコジャパン)の活動報告も行った。

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/16号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
5 セガサミーカップ 新鋭、李京勲が初優勝 石川遼 惜しい3位
男子プロゴルフの長嶋茂雄インビテーショナル・セガサミーカップが8日まで、北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催され、韓国の新鋭、李京勲(イキョンフン)が初日からの首位を守り、通算19アンダーで日本ツアー初優勝を飾った。最終日6アンダーの66で回った石川遼は今季最高の3位でフィニッシュした。

[写真=セガサミーの里見治会長兼社長から賞金を受け取る李京勲]

〔週刊アミューズメントジャパン7/16号に掲載〕
posted by マッスルタイム at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

海の日禁止!当たり前ですね。

7月16日の海の日に海のイベントをやるお店に対して、組合から忠告のFAXが流れてきました。

明日、やろうなんて考えているホールはやらないようにね。

広告規制がどんどんキツくなりますよ。

もうライター来店もできなくなりそうですしね。

posted by マッスルタイム at 12:15| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

岡山市ぱちんこ業協会 津波などの災害対策で岡山市と協定

1 岡山市ぱちんこ業協会 津波などの災害対策で岡山市と協定
岡山市ぱちんこ業協会(千原行喜会長、会員52店舗)は6月26日、岡山全日空ホテルで岡山市と『災害時における一時避難所の指定に関する協定』を締結した。

協定締結によって、津波等発生時には、避難場所としてホールの自走式立体駐車場が開放される。地域住民など避難者の安全を確保できる環境が整った。
同協会会員52店舗のうち、自走式立体駐車場を保有する28店舗が対象。そのスペースは車両5528台分に上る。
協定締結式では、同協会会員、同協会関係業者並びに岡山市議会等関係者など約130名が見守る前で、高谷茂男市長と千原会長が協定書に調印し、高谷市長から立体駐車場を保有する28店舗に『一時避難所指定書』が交付された。

[写真=調印した協定書を交換し握手を交わす千原会長(右)と高谷市長]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/9号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
2 全日遊連 新理事長に青松英和氏
全日本遊技事業協同組合連合会は6月29日、都内港区のホテルパシフィック東京で第21回通常総会を開催した。任期満了に伴う役員の改選では、5月の理事会で理事長候補者に選出されていた青松英和氏(長野県)が新理事長に選任された。

青松理事長は就任のあいさつの中で「全日遊連傘下のホールの大多数が大変苦しい状況にあると認識している。全日遊連の総力を持って、この局面を乗り切らなければならないという、皆さまの危機感や熱い想いが、私をこの壇上に立たせていると強く感じている。皆さまの期待に応えられるように、精一杯がんばっていきたい」と抱負を述べた。
なお、新執行部として副理事長に大野春光氏(岐阜・総務委員会担当)、平川容志氏(大阪・経営委員会担当)、阿部恭久氏(東京・機械対策委員会担当)、西川明寛氏(鹿児島・事業委員会担当)、梁川康成氏(山口・財務委員会担当)が就任。副理事長は全員が新任で、旧執行部から刷新された。

[写真=新執行部のメンバー。左から梁川副理事長、大野副理事長、阿部副理事長、青松理事長、平川副理事長、西川副理事長]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/9号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
3 新生パチンコ博物館完成(千葉県旭市)
ハウスメーカー、商業不動産デベロッパーでホール経営も手掛けるヤワタグループと、グループ会社でパチンコ店舗中心の商業不動産企画開発コンサルティングを行う(株)NPI総研は6月28日、千葉県旭市に8月5日にオープンするパチンコ博物館のプレス発表会を開催した。

この博物館は、2010年12月に惜しまれつつ閉館した上野・パチンコ村のパチンコ博物館を移転したもの。新装されたパチンコ博物館は、関東にホールを展開するNEXUS(本社/群馬県高崎市)の『D'ステーション旭店』に隣接する旧パチスロ専門店を改装。NPI総研が運営する。
上野にあったパチンコ博物館に比べて展示スペースが広がったことで、設置台数を大幅に増台。パチスロも展示した。
パチンココーナーには、黎明期の貴重な手打式パチンコからフィーバー機など全254台を展示。パチスロコーナーには全126台を陳列。1.5号機から5号機まで取り揃えた。

[写真=パチンココーナーには、古くは昭和24年頃に製造されたと見られるメダル式パチンコなどが展示されている]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン7/9号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
4 成通グループの支援財団 岡山広告協会『銀賞』受賞
岡山県のスポーツ・文化の振興発展を目指す財団法人マルセンスポーツ・文化振興財団が第39回岡山広告協会ラジオ・テレビ広告賞テレビの部『銀賞』を受賞。6月28日に受賞式が行われた。
同財団は、中国地方を中心にホールを展開する成通グループの千原行喜社長が設立発起人となって2004年に設立された。

[写真=マルセンスポーツ・文化振興財団ではテレビCMのほかポスターも作成している]

〔週刊アミューズメントジャパン7/9号に掲載〕
posted by マッスルタイム at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

気をつけて下さいね・・・。

とび職2人、女性を田んぼに押し倒しバッグ奪う

 富山県警富山南署は3日、福井県敦賀市櫛林、とび職秀島孝則(39)、
同僚の富山市藤木、とび職加藤弘之(35)の両容疑者を強盗の疑いで逮捕した。

 発表によると、両容疑者は昨年10月24日午後11時頃、富山市塚原の路上で、
帰宅途中の女性店員(24)の背後から近づいて口をふさぎ、道路脇の田んぼに
押し倒して現金約17万円や携帯電話が入ったショルダーバッグを奪った疑い。
女性にけがはなかった。

 女性は同市内のパチンコ店でパチンコをした後、タクシーに乗り、自宅近くで
降りたところだった。店で女性を見かけた両容疑者が車で後をつけ、襲ったとみられる。
女性と両容疑者に面識はなかった。

 女性から被害届を受けた富山南署が、現場近くのコンビニエンスストアの防犯カメラに
映った乗用車などから両容疑者を割り出した。事件当時、両容疑者は富山県内の現場に
通うため、砺波市に住んでいたという。

(2012年7月4日12時43分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120704-OYT1T00461.htm
posted by マッスルタイム at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

橋下市長がパチンコ業界について言及「しっかり整理しなければいけない」

コメンテーターの若一光司氏が橋下氏に対し「社会の非常に灰色の部分、これパチンコです。
私は違法、脱法だと思うんですが、このへんの整理とはどう考えておられますか?」と質問したところ、
橋下氏は「しっかり整理しなければいけないと思ってます」と述べ、パチンコ業界にメスを入れる意向を示した。

一連のやり取りに対し、ネット掲示板では「橋下か、パチンコ潰し宣言か。命賭けてるな」
「本当にパチンコ全廃できたら一生支持する」など、社会的にグレーゾーンと言われているパチンコ業界に迫る
橋下氏を賞賛する声が多く寄せられると同時に、「違法ギャンブルを放置してる先進国は日本だけ」など、
グレーゾーンを放置し続けている国や警察のあり方に対しての批判も相次いだ。

一方で、「警察に目つけられたら終わりじゃね?適当な罪でっちあげられてさ」と、橋下氏の今後を心配する声も寄せられている。
http://news.livedoor.com/article/detail/6391527/
posted by マッスルタイム at 16:58| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あちこちで大ヒンシュク!! パチンコのホール営業にも見放された杉村太蔵

すっかり“おバカタレント”になり下がった元衆院議員の杉村太蔵(32)が行く先々でヒンシュクを買っている。
「来るモノ拒まず! 何でもします!」。こう宣言してから少しずつ増え始めたバラエティー番組では言いがかりみたいな発言が目立つ。
 今月3日のTBSの「サンデージャポン」では片山さつきにケンカを売った。17日はTBSラジオの武田一顯記者の政局解説にチャチャを入れた。武田記者が日ごろの取材をベースに民主党の造反議員を「50〜60人」と予想すると、何の根拠も示さずタイゾーは「5人しかいません!」と断定して周囲はア然。ところが、24日になり分が悪くなると見るや「5〜50人に幅を持たせて欲しい」と撤回した。また、別の深夜番組でも「小泉元総理は無類の女好き」「国会議員は全員ミニスカ率が高い」と言いたい放題だった。一事が万事、この調子。仕事は減る一方だ。貴重な収入源だったパチンコのホール営業も、ここ数カ月は急減している。パチンコ関係者がこう言う。
「タイゾーのギャラは1時間の拘束で100万円。これは松本伊代や中尾彬クラスのベテランとほぼ同じ金額です。しかし、肝心の客がさっぱり集まらない。ネームバリューの低さが一番のネックでしょうが、トーク技術にも問題があります。ホール営業ではバラエティーみたいに噛み付く相手がいないため、上滑りしてしまい、しらけた雰囲気が漂う。これでは2回目に呼ぶホールはまずないと思いますね」
 国政に戻りたいようだが、もっと発言に気をつけるべきだし、パチンコ営業の前にやることがあるだろうに。

(日刊ゲンダイ2012年6月26日掲載)

posted by マッスルタイム at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

父親から食費としてあずかった現金2万円をパチンコに使ってしまった

今月、愛知県武豊町で男性が原付バイクの男らに現金を奪われたとされる事件は、
この男性の「自作自演」だったことが27日、分かった。
 この事件は今月17日、武豊町上ケで自転車に乗っていた男性(44)が原付バイク
の男らに羽交い締めにされ、現金2万円を奪われたとして、110番通報したもの。
 その後、警察が男性の供述に不自然な点が多いことから、追及したところ、男性が
「父親から食費としてあずかった現金2万円をパチンコに使ってしまった」などと自作
自演を認めた。
 警察は軽犯罪法違反での立件を視野に調べている。

中京テレビニュース
http://www.ctv.co.jp/newsctv/index_loc.html?id=79870
posted by マッスルタイム at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

節電対策 7月・8月、大阪・兵庫・奈良・和歌山で輪番休業実施へ

1 節電対策 7月・8月 大阪・兵庫・奈良・和歌山で輪番休業実施へ
大阪府遊技業協同組合は15日の総代会で、今夏の節電対策を決議。組合傘下ホールに7月、8月の2カ月間、月2回以上の輪番休業を行うよう要請した。ただし、7月中に大飯原発の3、4号機が再稼働した場合は、8月中は1回以上の休業にするという。
決議事項ではこのほか、昼夜におけるネオン、看板などの消灯および減灯に努める、エアコンの設定温度を通常より高めのおおむね28度に努めるなど、4項目の取り組みを掲げた。

〔週刊アミューズメントジャパン6/25号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
2 「節電効果」詐欺まがいに注意
■ホールでも被害に

「火災予防や節電効果がある」を謳い文句に、配電盤の簡単な清掃を行っただけで多額の請求をする悪徳商法が改めて問題視されている。今年6月には北海道のホールでも同様の手口で多額の清掃代を請求されたホールがあった。節電への意識が高まっている事業者の心理を突いた悪徳商法に注意が必要だ。

[※写真はイメージです]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/25号に掲載〕


--------------------------------------------------------------------------------
3 成通グループ EV充電器設置 CO2排出量削減を推進
岡山県や広島県を中心にホールを展開する成通グループ(本社/岡山市北区)は同グループが経営する『スーパーハリウッド富町店』の駐車場内にEV(電気自動車)用の充電器を設置した。
同グループではCO2排出量削減を推進しており、省エネ活動の一環として国・岡山県・岡山市からの補助金の一部を利用して導入。店内カウンターに申し込めば誰でも無料で利用できる。利用時間は店舗営業日の10時から22時まで。多くの人に利用してもらうため、1台につき1日1回1時間の利用に限っている。

[写真=EV充電器は店舗脇の駐車場に設置]

〔週刊アミューズメントジャパン6/25号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
4 ピーアークホールディングス 被災地復興イベントに参加
ブースの売上げを岩手県に寄付
首都圏でホールを展開するピーアークホールディングス(本社/東京都足立区)は、9日、10日の2日間、千葉県・QVCマリンフィールド外周で行われた東日本大震災復興イベント「まるグル」に参加した。
「まるグル」とは、食とエンターテインメントを楽しみながら東日本大震災で被災した地域への支援へと繋げるイベント。ピーアークでは、「おらが大槌復興食堂」と岩手県大槌町の特産品を販売したほか、輪投げとヨーヨー釣りのブースを出展。ブースでの売り上げを大槌町に寄付した。

[写真=大勢の子供たちが輪投げなどを楽しんだ]

〔週刊アミューズメントジャパン6/25号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
5 プローバグループ 遊びで日本を元気に! ActiveLife2012にブース出展
プローバグループ(本社・広島県呉市)は9日、10日の2日間、広島県最大級の企業出展型イベント『ActiveLife2012』にブース出店した。
「親子三世代で気軽に楽しめる、アクティブなライフスタイルを提案」という趣旨のもと、2007年から毎年開催されるイベントで、今年は広島県立総合体育館で開催され、入場者数8万5000人を記録した。
プローバグループのブースでは「遊びで元気になろう」をテーマに、体感型ゲーム機や脳トレコミュニケーションコーナーを設置。"おもてなしスタッフ"として各店の店長たちを中心に同社の社員たちが出迎えた。

[写真=子供から年配まで楽しめるゲームを設置。プローバ各店の店長たちがおもてなしスタッフを務め、来場者に遊び方の説明などを行った]

〔週刊アミューズメントジャパン6/25号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
6 都市対抗野球本戦 伯和、セガサミーが出場


広島県を中心にホールを展開する伯和(本社/広島県東広島市)の伯和ビクトリーズと、セガサミーホールディングスのセガサミー野球部が、第83回都市対抗野球大会の本戦出場を決めた。伯和ビクトリーズ(東広島市)は5年連続6度目、セガサミー野球部(東京都)は2年連続5度目の出場。いずれも激戦区を勝ち上がった。
本戦は7月13日から12日間、東京ドームで開催され、32チームが社会人野球の頂点を目指す。

[写真上=マウンド上で歓喜の輪を作ったセガサミー野球部の選手たち]

[写真下=予選大会で最高殊勲選手賞を受賞した伯和ビクトリーズの中元選手]

〔週刊アミューズメントジャパン6/25号に掲載〕
posted by マッスルタイム at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

こんなニュースばっかりか・・・。

千葉・浦安市のマンションで看護師の女性が殺害された事件で、
逮捕された26歳の男が22日昼すぎ、千葉地検に送検された。
22日中には浦安警察署に戻り、取り調べが再開される予定。

その後の捜査関係者への取材で、西岡容疑者は、パチンコや性風俗などにお金を費やし、
借金があったことが新たにわかった。
警察は、西岡容疑者がお金欲しさに犯行に及んだ可能性も視野に、犯行の動機を調べている。
ttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00225971.html

パチンコや風俗店などで多額の金を使い借金があった

posted by マッスルタイム at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

ダイナム、夏の節電策を決定

◇ダイナム:今夏も全国で節電協力
ダイナムが今夏の節電への取り組みを決定した。削減率の目標値は、2010年比で14%〜17%。取り組み期間は全国一律で7月2日〜9月28日(8月13日〜15日を除く)、平日9時〜20時までの間。主な取り組みは、旧型空調設備の変更やLED照明の導入、空調室外機・自動散水システムの導入など。なお、ダイナムでは「今後決定されるホール5団体の節電対策合意事項に基づき、変更する場合がある」としている。

◇藤商事『CR桃太郎侍〜怒〜』プレス発表会
11日、都内で開催。シリーズ第2作目は、1/387と1/278の2スペック。同社の新内規対応機第1弾で2個戻し。「劇画演出」「怒りメーター」など前作から進化した 「型破りな」特長を満載した。最速導入は7月30日。
posted by マッスルタイム at 12:41| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

今夏の節電 5地区で対応まとまる

1 今夏の節電 5地区で対応まとまる
全日遊連傘下の地区組合で、今夏の節電対策がまとまりつつある。6月13日時点で節電対応をまとめたのは北海道、東北、中部、四国、九州の5地区で、その他の地区も現在協議中だという。
なお、東京都遊技業協同組合はすでに、2010年夏対比でピーク需要電力の15%削減を決定している。
各組合の節電対応は下記の通り。削減目標はいずれも2010年夏対比。

●北海道遊技業協同組合連合会 
 節電目標:15%減 
 実施期間:7月23日から9月14日

●東北地区遊技業協同組合連絡協議会 
 節電目標:10%以上減 
 実施期間:7月1日から9月30日

●中部地区協議会 
 節電目標:数値目標なし。平日の13時から16時の需要ピーク時間帯を中心に取り組む 
 実施期間:7月2日から9月7日(8月13日から15日を除く)

●四国地区遊技業協同組合連合会 
 節電目標:7%以上減 
 実施期間:7月2日から9月7日(9月8日から28日までは数値目標を伴わない節電に努める)

●九州遊技業協同組合連合会 
 節電目標:10%減 
 実施期間:7月2日から9月7日(8月13日から15日を除く)

〔週刊アミューズメントジャパン6/18号に掲載〕


--------------------------------------------------------------------------------
2 日電協 自主規制案とりまとめへ
日本電動式遊技機工業協同組合が12日、都内で通常総会を開催。里見治理事長は総会後の記者会見で自主規制案を検討していることを明らかにした。里見理事長は「業界の厳しい現状の中で、いまパチスロの業況が悪くなれば業界が沈没しかねない」と危機感を示し、「多少行き過ぎた機械が散見されている中、自主規制案を検討している」と述べた。時期については「今月(6月)いっぱいにまとめたい」との意向を示し、自主規制案がまとまった段階で日工組や回胴式遊技機製造業者連絡会にも協力を呼びかけるという。

[写真=里見理事長]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/18号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
3 ユニバーサルエンターテインメント 
  日本陸上競技選手権女子5千m優勝 新谷選手に五輪切符
10日、大阪で開催された日本陸上競技選手権大会女子5000メートルで、ユニバーサルエンターテインメントの新谷仁美選手(写真)が15分17秒92のタイムで優勝した。この大会は、来月27日から開催されるロンドンオリンピックの代表選手選考競技会を兼ね、新谷選手は中・長距離の日本代表に決定した。指導する小出義雄監督の門下生では2000年のシドニー大会で金メダルを獲得した高橋尚子選手以来のオリンピック出場となる。

〔週刊アミューズメントジャパン6/18号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
4 NEXUS オリンピック出場決定 フェンシングで2名選出
5月25日に行われた日本フェンシング協会の理事会で、フェンシング男子フルーレのロンドンオリンピック代表が決まった。関東でホールを展開するNEXUS(本社/群馬県高崎市)のフェンシングチームから、千田健太選手と淡路卓選手が代表に選出された。
千田選手は北京オリンピックに続き2度目の出場、淡路選手は初出場となる。

[写真=千田選手(右)と淡路選手]

〔週刊アミューズメントジャパン6/18号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
5 サンセイアールアンドディ 
  著名人がチャリティオークション 被災地のボクシング部を支援
サンセイアールアンドディは、このほど、東日本大震災の復興支援を目的とした「SanseiR&D presents チャリティオークション」を実施。収益総額 34万6410円で宮城県農業高校ボクシング部の練習用具を購入・寄贈した。
このオークションは、震災で練習場を失い、今もビニールハウスでの練習を強いられている宮城県農業高校ボクシング部を支援するために立ち上げたチャリティプロジェクト。この想いに賛同した、プロボクサーの長谷川穂積選手、ミュージシャンの大友康平さん、元プロボクサー世界チャンピオンの薬師寺保栄さんのほか、畑山隆則さん、竹原慎二さんの5名がプレミアムグッズを、Yahoo!オークション特設ページ内に出品。その収益すべてを一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパンを通じて寄付した。

[写真=サイン入りのグローブとTシャツを出品した長谷川選手。「Never give up!」とメッセージを贈った]

〔週刊アミューズメントジャパン6/18号に掲載〕
posted by マッスルタイム at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

生活保護費でパチンコやってなにが悪い。

・とかくこの国には金がないという現状と、支出は増える一方で収入はたいして増えそうにないという明るい未来予測がある。従って税金はどんどん上げなければいけないし、「不正」な支出は一片たりとも許されない。国民相互にも監視の目を光らせねばなるまい。

大阪維新の会は、いま話題の生活保護費の支給につき、食料が買えるクーポンなど「現物支給」を検討しているそうな。生活必需品しか買えないようにし、貯蓄できないようにするためである。

維新の会のアイデアに対して、番組コメンテイターで評論家の宮崎哲弥は「クーポンが現金化されたり、クーポンを発行する団体ができると、それが天下り先になる」可能性を指摘しつつ、「やることを検討してもいいかなあと思いますけど」とお座なりのコメント。

一方、テリー伊藤は「ボクは大反対」と声を上げ熱弁をふるった。このようなクーポン制度は、不正受給を前提にしてるが、生活保護を受けている大半は真面目にやっているけど生活が苦しい人たちだという。また、食生活やライフスタイイルは人によって違う。たとえば年配の人だと食費はそんなにかからない。生活保護の残ったお金があったら、それをプールして絵の具を買って絵を描いたり、ネコを飼ったりし、それが喜びになるならいいことじゃないかと、テリーは主張する。

一部マスコミでよく槍玉にあがるパチンコなどのギャンブルについても同様の考えだ。
「(生活保護費で)パチンコやってなにが悪い。アダルトビデオを楽しんだらいけないのか。
いいじゃないですか。人間、生きてるんですから。そんなことまで全部クーポン券で規制するなんて、北朝鮮と一緒ですよ」

http://www.j-cast.com/tv/2012/06/20136264.html
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1340161420/

(A;;´Д`)ゞハァ〜・・・

これはまた炎上するな。
posted by マッスルタイム at 13:22| Comment(3) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

相続税2・2億円支払い免れる 岡山地検、倉敷の母子を起訴

岡山地検は18日、相続税約2億2700万円の支払いを免れたとして、
相続税法違反罪で会社員西川貞子被告(65)、次男の
会社役員裕司被告(34)=いずれも倉敷市=を起訴した。

 起訴状では2人は共謀。2007年9月に死亡した貞子被告の夫の遺産を他の
親族2人と相続する際、親族の委任を受け、
相続税課税価格が計約8億8400万円だったのに、現金や
有価証券など約6億1700万円を除外して約2億6700万円と申告。脱税したとされる。

地検などによると、貞子被告の夫はパチンコ景品交換業などで蓄財。2人は
「家族がせっかくためた財産なので、納めず残しておこうと思った」と起訴内容を認めている。

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2012061822424513/
posted by マッスルタイム at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日遊協 環境フォーラム+パチンコ&パチスロフェスタ 試作機に熱いまなざし ファン2483人来場

1 日遊協 環境フォーラム+パチンコ&パチスロフェスタ試作機に熱いまなざし ファン2483人来場
日本遊技関連事業協会は6月1日と2日、東京・秋葉原で節電・省エネのノウハウを紹介する『環境フォーラム』(1日のみ)と様々な機能を搭載した試作機43台と現行機74台を展示した、『パチンコ&パチスロ フェスタ』を開催した。業界関係者向けの初日は2143人、一般ファン向けの2日目は2483人が来場した。

会場に設置された試作機はパチンコ12台、パチスロ31台の計43台。日遊協の深谷友尋会長は「お客様の目線に立った試作機に仕上がった」と胸を張った。昨年の第1回フェスタに展示した試作機の反応を踏まえ、パチンコは大幅にコンセプトを見直し、プレイ中に「あったらいいな」と思わせる機能を数多く搭載。パチスロは昨年のコンセプトを踏まえ、新たにプレイヤーのレベルに合わせた目押し機能を提示した。
43台の試作機は、ほとんど空き台がなく、パチンコでは、BGMがよく聞こえるように用意したヘッドフォンを耳に当て、じっくりとプレイする来場者の姿が目立った。パチスロでは目押し中級者向け、上級者向け、超上級者向けの3タイプで、多くの来場者が腕を競った。

実際に試作機を遊技した来場者からは「パチンコは大当たり中にトイレに行きたくても席を立てないので、試作機のように一時停止ボタンを押せばいつでもプレイを中断できる機能をすぐにでも搭載してほしい」「隣の人からセグを見られたくないので、のぞき見ができないようにした試作機がよかった」「目押しが得意ではないのでパチスロはあまり打たないが、図柄を自動で揃えてくれるならやってみたい」といった声が聞かれた。

[写真=パチンコ12台、パチスロ31台の試作機が展示され、多くのファンが試打した(2日、一般ファン向け)]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
2 警察庁 節電計画 全店遵守を要望
日本遊技関連事業協会が1日に都内で開催した節電の取組みを紹介する「環境フォーラム」で、警察庁生活安全局保安課の玉川達也課長補佐が省エネルギー、環境対策をテーマに講話。業界の取組みが相応の結果と社会的評価を得るためには、業界で定めた節電計画を遵守し、一営業所も欠けることなく完遂されることが不可欠だと、改めて節電の徹底を求めた。

玉川課長補佐の講話に対して来場者の関心は高く、会場の座席が足りずに立ち見が出るほどだった。
玉川課長補佐は「ぱちんこ業界にとって、節電というものがどういう意味を持つのかについて、思うところを話したい」と前置きした上で、巨大産業であるぱちんこ営業は「相応の社会的責任を求められる立場にある。さらには、ぱちんこ営業が、遊技機や島設備を動かすためにはそもそも電力を必要とするという、電力を消費しないと成り立たない余暇産業であることから、ぱちんこ営業における電力使用の在り方については、平素から社会の関心が高く、時に批判を受けることもある」と、社会における業界の立ち位置に改めて言及。続けて、「ぱちんこ業界にとっては、(節電が)単に電力の使用量を抑制することという一般的な意味にとどまらない意味を持つ」と述べ、節電の取組みが、社会的信頼性や社会的協調性が試される、重要な取組みであることを説いた。

[写真=玉川課長補佐]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
3 マルハン  12年3月期決算 売上高2兆718億円に
マルハンは1日、2012年3月期の決算を発表した。単体業績は売上高2兆718億5800万円(前年同期比2%増)、営業利益494億6600万円(同3・7%増)、経常利益502億900万円(同5・5%増)。
今期(13年3月期)は売上高2兆1820億円、経常利益444億円、新規出店21店舗を見込んでいる。

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
4 マルハン 従業員有志が寄付 雪害対策に計500万円
大雪による被害を防ぐ施策に役立ててもらおうと、マルハン(本社/東京都千代田区)の従業員有志が5月2日、北海道の岩見沢、美唄、三笠の3市に計500万円を寄付した。 
寄付はホールに設置されたスタッフ用自動販売機で飲料を1缶購入すると、自動的に10円を積み立てる「従業員自販機募金」から贈った。内訳は岩見沢市に300万円、美唄、三笠の両市に各100万円。

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
5 マルヰ 子供まつりへ鯉のぼり寄贈
山形県でホールを展開するマルヰ(本社/山形県山形市)は5月5日、岩手県陸前高田市で開催された鯉のぼり100本を掲げる『箱根子どもまつり』に協賛した。
同社がかねてから交流のあるNPO法人ピースプロジェクトからの協力依頼を受けてのもので、同社のグループ店舗で鯉のぼりの寄付を呼びかけるポスターを掲示。従業員や来店客などから寄せられた15セットを寄贈した。

[写真=多くの子供たちが水ヨーヨーなどの露店を楽しんだ]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
6 玉屋 住民参加の献血活動
福岡県や佐賀県でホールを展開する玉屋(本社/福岡市)は5月20日、同社が経営する『玉屋宗像店』(福岡県宗像市)の敷地内で献血活動を実施した。
当日は福岡県赤十字献血センターの献血車が訪れ、158名が献血を行った。このうち、玉屋の社員は60名。

[写真=献血活動は今年で4年目を迎え、地元住民にとってもお馴染みだ]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕
posted by マッスルタイム at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

パチンコ店、1千億超申告漏れ 40グループ、国税指摘

全国のパチンコホール業者が国税当局の一斉調査を受け、約40グループで計1千億円超の
申告漏れを指摘されたことが12日、分かった。バブル崩壊で含み損のある株を子会社に
現物出資する手口で法人税を圧縮していたという。

関係者によると、グループ全体で追徴税額は数十億円。グループは東北から九州までに所在している。
東京都新宿区に本部があるグループは東京国税局に約150億円の申告漏れを指摘された。
同社は「担当者が不在で取材に応じられない」としている。

このスキームは東京都千代田区の税理士事務所が開発。グループ業者はいずれもこの
税理士事務所から指南を受けていたとみられる。

そーす MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120212/crm12021210010002-n1.htm
posted by マッスルタイム at 14:42| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日遊協 環境フォーラム+パチンコ&パチスロフェスタ 試作機に熱いまなざし ファン2483人来場

1 日遊協 環境フォーラム+パチンコ&パチスロフェスタ試作機に熱いまなざし ファン2483人来場
日本遊技関連事業協会は6月1日と2日、東京・秋葉原で節電・省エネのノウハウを紹介する『環境フォーラム』(1日のみ)と様々な機能を搭載した試作機43台と現行機74台を展示した、『パチンコ&パチスロ フェスタ』を開催した。業界関係者向けの初日は2143人、一般ファン向けの2日目は2483人が来場した。

会場に設置された試作機はパチンコ12台、パチスロ31台の計43台。日遊協の深谷友尋会長は「お客様の目線に立った試作機に仕上がった」と胸を張った。昨年の第1回フェスタに展示した試作機の反応を踏まえ、パチンコは大幅にコンセプトを見直し、プレイ中に「あったらいいな」と思わせる機能を数多く搭載。パチスロは昨年のコンセプトを踏まえ、新たにプレイヤーのレベルに合わせた目押し機能を提示した。
43台の試作機は、ほとんど空き台がなく、パチンコでは、BGMがよく聞こえるように用意したヘッドフォンを耳に当て、じっくりとプレイする来場者の姿が目立った。パチスロでは目押し中級者向け、上級者向け、超上級者向けの3タイプで、多くの来場者が腕を競った。

実際に試作機を遊技した来場者からは「パチンコは大当たり中にトイレに行きたくても席を立てないので、試作機のように一時停止ボタンを押せばいつでもプレイを中断できる機能をすぐにでも搭載してほしい」「隣の人からセグを見られたくないので、のぞき見ができないようにした試作機がよかった」「目押しが得意ではないのでパチスロはあまり打たないが、図柄を自動で揃えてくれるならやってみたい」といった声が聞かれた。

[写真=パチンコ12台、パチスロ31台の試作機が展示され、多くのファンが試打した(2日、一般ファン向け)]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
2 警察庁 節電計画 全店遵守を要望
日本遊技関連事業協会が1日に都内で開催した節電の取組みを紹介する「環境フォーラム」で、警察庁生活安全局保安課の玉川達也課長補佐が省エネルギー、環境対策をテーマに講話。業界の取組みが相応の結果と社会的評価を得るためには、業界で定めた節電計画を遵守し、一営業所も欠けることなく完遂されることが不可欠だと、改めて節電の徹底を求めた。

玉川課長補佐の講話に対して来場者の関心は高く、会場の座席が足りずに立ち見が出るほどだった。
玉川課長補佐は「ぱちんこ業界にとって、節電というものがどういう意味を持つのかについて、思うところを話したい」と前置きした上で、巨大産業であるぱちんこ営業は「相応の社会的責任を求められる立場にある。さらには、ぱちんこ営業が、遊技機や島設備を動かすためにはそもそも電力を必要とするという、電力を消費しないと成り立たない余暇産業であることから、ぱちんこ営業における電力使用の在り方については、平素から社会の関心が高く、時に批判を受けることもある」と、社会における業界の立ち位置に改めて言及。続けて、「ぱちんこ業界にとっては、(節電が)単に電力の使用量を抑制することという一般的な意味にとどまらない意味を持つ」と述べ、節電の取組みが、社会的信頼性や社会的協調性が試される、重要な取組みであることを説いた。

[写真=玉川課長補佐]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
3 マルハン  12年3月期決算 売上高2兆718億円に
マルハンは1日、2012年3月期の決算を発表した。単体業績は売上高2兆718億5800万円(前年同期比2%増)、営業利益494億6600万円(同3・7%増)、経常利益502億900万円(同5・5%増)。
今期(13年3月期)は売上高2兆1820億円、経常利益444億円、新規出店21店舗を見込んでいる。

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
4 マルハン 従業員有志が寄付 雪害対策に計500万円
大雪による被害を防ぐ施策に役立ててもらおうと、マルハン(本社/東京都千代田区)の従業員有志が5月2日、北海道の岩見沢、美唄、三笠の3市に計500万円を寄付した。 
寄付はホールに設置されたスタッフ用自動販売機で飲料を1缶購入すると、自動的に10円を積み立てる「従業員自販機募金」から贈った。内訳は岩見沢市に300万円、美唄、三笠の両市に各100万円。

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
5 マルヰ 子供まつりへ鯉のぼり寄贈
山形県でホールを展開するマルヰ(本社/山形県山形市)は5月5日、岩手県陸前高田市で開催された鯉のぼり100本を掲げる『箱根子どもまつり』に協賛した。
同社がかねてから交流のあるNPO法人ピースプロジェクトからの協力依頼を受けてのもので、同社のグループ店舗で鯉のぼりの寄付を呼びかけるポスターを掲示。従業員や来店客などから寄せられた15セットを寄贈した。

[写真=多くの子供たちが水ヨーヨーなどの露店を楽しんだ]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕

--------------------------------------------------------------------------------
6 玉屋 住民参加の献血活動
福岡県や佐賀県でホールを展開する玉屋(本社/福岡市)は5月20日、同社が経営する『玉屋宗像店』(福岡県宗像市)の敷地内で献血活動を実施した。
当日は福岡県赤十字献血センターの献血車が訪れ、158名が献血を行った。このうち、玉屋の社員は60名。

[写真=献血活動は今年で4年目を迎え、地元住民にとってもお馴染みだ]

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン6/11号に掲載〕
posted by マッスルタイム at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。